保育士資格取得前に知っておきたい保育サービス

地域に開かれた保育所

共働き世帯やひとり親家庭などの支援が中心であった子育て支援は、
近年になってどのような家庭に対しても必要不可欠なものとなっています。

 

近年は、「育児ノイローゼ」や「児童虐待」というような
子育てにまつわる親の苦悩する姿もメディアなどで取りざたされているように、
家庭で専業的に家事を行い、育児をしている親に子育ての閉塞感や
育児ストレスが強いということが明らかになっています。

 

そのようなことから、どのような家庭に対しても、
子育て支援という子育ての社会的支援が必要となっている時代であるといえます。

 

現在の閉塞的な子育て環境を見ても、
育児からひととき離れて、精神的な開放感を味わうような時間や、
多くの人とのコミュニケーションを取りながら子育てを楽しむような時間、
そのような環境の提供が必要です。

 

子ども・子育て応援プランなどの子育て支援事業の進展によって、
地域の中で、主に家庭で子育てをしている家族へのサービスは、
年々内実共に充実してきていますが、
地域の保育所においては、日々の多忙な業務に加え、
子育て支援事業や相談事業など、
多くの役割を担うことが求められている時代です。

 

そこで、最近は、少しずつですが、ファミリーサポートセンターや地域子育て支援センター、
つどいの広場などの子育て支援に関する施設や機関、事業などが増えています。