保育士資格取得前に知っておきたい保育サービス

保育所での子育て支援活動

保育所では、子育て支援事業の一つとして「地域子育て支援拠点事業」が実施されています。

 

この地域子育て支援拠点事業では、子育て家庭の育児不安についての相談、
子育てサークル(乳幼児を育てる親のグループ活動)への支援、
地域の各保育所間での連携を図り、子育てを支援する基盤を強めるための事業などが
行われています。

 

今までは、地域で子育てをする母親に対し、
仕事もせず、時間もあるのだから、
子育てが一人でできて当たり前というような考え方がありました。

 

ですが、親の中には、孤独感に苛まれ子どもを虐待する人もいますし、
子育ての方法が分からずノイローゼになる人もいます。

 

そのような状況が抜き差しならないような事態になるまで
放置されてきたと言う現状もあります。

 

このようなことから、保育所では、以下のような相談や研修を展開しています。

 

 ・子育てに関する相談・助言

 

  電話相談、保護者に保育所に来てもらい相談を受けるなど。

 

  地域の母親等に対する子育て講習会の開催。

 

  子育てサークルに対する保育所内の園庭、保育室等の開放、
 親子の保育所体験、保護者の子育てを助けるボランティアへの支援。

 

このように、地域で孤立する親への支援、
育児からひと時離れ、リフレッシュするサービスなども
少しずつ行われる様になり、
親はこのようなサービスを利用しながら子育てすることで、
育児から来るストレスを和らげることができ、
リフレッシュした気持ちで、子どもと向き合うことができるようになっています。

 

特に電話相談は、主に保育所に子どもを通所さえていない地域の親子へのサービスとして行われています。

 

匿名で子育ての相談に乗ったり、
母親の話し相手になり、育児に関するアドバイスを行ったりします。

 

母親の気持ちが少しずつでもほぐれてこれば、
保育所に親子で来所してもらったり、
保育所内で行われている子育て支援のためのグループ活動への参加を
呼びかけてみるなどします。

 

このように、保育所、地域では、子育て支援に関するサービスを展開し、
提供しているのですが、
実際には、一般の地域住民がこのようなサービスを知らずに、
受けていないと言う人も少なくありません。

 

サービスについて知っていたとしても、
実際に電話をかけることを躊躇してしまったりする人もいます。

 

それは、単に恥ずかしいと言うような感覚だけでなく
福祉のサービスを利用すれば、母親失格の烙印を押されるのではないだろうか?
専門家に自分の子育ての仕方を注意されるのではないだろうか?
と言うような不安があるからではなでしょうか。

 

このような不安を解消することができるようなサービスの広報を行うことが、
サービス提供と同時に必要であり、
保育所が援助ネットワークの入り口機能を果たしながら、
専門機関への紹介を積極的に行い、誰もがサービスを気軽に利用できるような
工夫が必要です。

 

そして、このような役割を担う保育所は、
地域の最も身近な子育て支援のための施設としての活躍が期待されます。