保育士資格取得前に知っておきたい保育サービス

保育所は地域交流の起爆剤に

保育所は地域に開かれた社会資源としての役割を担い、
保育所が持つ専門的なノウハウを地域住民のために
活用していくことが求められる昨今です。

 

そして、地域住民同士の関係が希薄になっている現代社会では、
保育所をはじめとする社会福祉施設が、
住民同士の人間関係をつなげることができるような起爆剤として
活躍していくことが求められています。

 

地域住民のために活用するノウハウには、
具体的に、以下のようなものがあります。

 

・障害児の受け入れ
・地域、もしくは高齢者福祉施設などで生活している高齢者と子ども達との交流事業
・地域の郷土文化を伝承する活動
・小学校低学年の子どもを受け入れる放課後児童クラブ

 

このようなノウハウが、十分に地域で子育てする親に、
そして住民に提供されることにより、
子どもの育つ環境が整備されていくでしょう。